タグ : 自転車

あさひ プレシジョンスポーツ ホワイトパーツ仕様 を買った

プレシジョンスポーツ ホワイトパーツ仕様

新しい自転車を買いました。

各部詳細

プレシジョンスポーツ ホワイトパーツ仕様 (各部詳細)

新しい自転車のお陰で、今まで赤塚から池袋まで35分かかっていたのが30分かからなくなりました。最高記録は25分です。なんで早くなったかというと、一生懸命こいでるからです。こうゆう自転車に乗ってると、ママチャリに抜かれると悔しいです。なので、抜かれません。いや、抜かせません。一人で、レースしてます。いつも1番です。


長年乗ってきた愛車(自転車)を諦めました

今まで乗ってた自転車が壊れちゃったので、修理に出そうと自転車屋に持って行ったら、「これ直すの1万円以上かかるよ。新しいの買ったほうがいいよ。これと似たようなのがあそこに飾ってあるけど2万円しないで買えるよ」って言われたので、別の自転車屋へ行き、4万円の新しい自転車を買いました。

今まで乗ってた自転車はもうずいぶん古くて、いつ買ったのかも忘れちゃったので、この記事を書くにあたり、昔のブログ(サキタ日記)を読み返してみると、最古の登場記事(長い一日の日記は長い日記4(東京ドーム編))が2004年5月31日になってるから、少なくとも7年は乗ってるわけだ。

買った時の状況から購入時期を思い出そうとすると、当時、柏駅の近くに住んでて、沼南町の事務所に通ってたんだけど、バスだとわざわざ駅まで行くのが面倒くさかったので、自転車で通ってたんだ。しかし、国道16号の坂道がわりと大変で、それまで乗ってたママチャリが盗まれちゃったのをきっかけに、ちょっとスポーツ系なやつに買い換えたんだよね。で、柏から沼南に通ってた時期ってもう10年以上前の話だなってことになるのです。

長い付き合いだったな。

下の写真はサキタ日記にアップされてた最古の写真。家のPCにはもっと古い写真もあると思うんだけど、とりあえず。
愛車


Google Map ストリートビューデビュー

みなさん、Google Map 使ってます?
ホント、便利ですよね。地図で目的地を検索するとき、ストリートビューを使えば、目的地の建物の外観まで確認できて、建物の入口はどこかとかがわかっちゃうんですから。

このストリートビューですが、どうやって撮影しているの?って思う方もいるかもしれません。そんな疑問をスパッと解決してくれるのが「虎・虎・虎日記」ってブログの「話題のストリートビュー、撮影進行中!?」という記事。

Google Map Car

まずは、この写真。プリウスの上に棒が立っててその上にカメラのようなものが・・・。そうです、これが Google Map のストリートビュー撮影車です。

この車を発見したときの筆者の記述は以下の通り。

私はその車を見て直ぐにピンと来ました!
「Google Mapの撮影だ!」と。
その車はTOYOTAのプリウス(シルバー)、
ナンバーは「成田」でした。
早速検索してみるとありました!この車と同型のモノです。

やっぱ、いるんですね。そりゃ、写真がアップされてるんだから、どこかで誰かが撮影しているんでしょうけど。実際に、本物を見つけられたらすごい偶然ですよね。この車の周りをウロウロしてれば、Google Map のストリートビューにデビューできますよ。(まあ、それが何だって話ですけど)

で、この記事のタイトルなんですが、Google Map ストリートビューデビューです。
デビューしましたよ。俺じゃないですけど。

Google Map

ジャーン、ウチのママチャリです。夏太郎を前のシートに座らせて、板橋区内赤塚界隈を快走してる、ウチのママチャリです。Google Map デビューを果たしました。

おめでとうございます。パチパチパチ。ありがとうございます。おわり。


Bike Mate Lite の使い方

iPhone アプリの Bike Mate Lite を使ってみました。
操作方法が iOS の標準挙動とちょっと違うし翻訳もなんかおかしいしので、最初はちょっと戸惑うところもあったけど、なんとか当初希望していたことが最低限できるようになったので、しばらく使ってみることにしました。

正しいかどうか分からないけど、一応の使い方を書いていこうと思います。オレはこの使い方でなんとか使ってます。他にあんなこといいな、できたらいいなって思う人もいるかも知れないけど、オレに聞かれてもわからないのであしからず。
Bike Mate Lite 起動画面
これが「起動画面」。オレの使ってるバージョン3.5.2です。以後、全ての話はこのバージョンで書きます。

基本画面

Bile Mate Lite トリップ
基本の画面となる「トリップ」です。
【上の方】音符マーク:音楽を再生(この機能を使わなくてもマルチタスク対応なのでバックグラウンドでiPod再生できます)、カギマーク:画面をロック、カメラマーク:カメラを起動(使うとややこしいことになるので使ってません※後述)、衛星マーク:GPS受信状態
【下の方】リセット:現在の記録をリセット、スタート:記録スタート、ストップ:記録を一時停止、セーブ:現在の記録を保存
【一番下】トリップ:サイコン画面、ルート:地図(現在地)表示、データ:データ管理、オプション:設定
という感じになってます。

データの保存

「トリップ」画面で「セーブ」をタップ。
警告
保存した後はすべてのパラメーターが初期化されます。続けますか?と聞かれるので「セーブ」をタップ。すると、データ編集画面が表示されます。
データ編集画面
データ名とか製作者とかいじれるけど、オレの場合特にいじらずにそののま。とにかくOKだったったら「確認」をタップ。保存は終了です。これでiPhoneのアプリの中にデータが保存されました。

データの確認

保存したデータを確認するには「データ」をタップします。
データ管理
ルート・データをタップすると、保存してあるデータのリストが表示されます。
データ管理
見たいデータをタップすればデータが見れます。
データ画面
さらに「地図で見る」をタップすると。
ルート表示
ルートが表示されます。これはおもしろいですね。
ここまで出来れば毎日自分一人で楽しむことはできると思います。

データの公開

データをweb上に保存するためには会員登録(無料)が必要です。
アップするまでの流れを書いておきます。
データ管理
MashupとFacebook,Twitterをタップします。
ルート・データを含む
「ルート・データ含む」をタップ
リストを含む
公開したいデータを選んで「確認」をタップ」。
ルート・データを含んだ
すると「ルート・リスト」に選択したデータが追加されます。ので「次へ」をタップ。
マッシュアップデータの送信
ここで、始めてデータを送信するときは、「ZeroOneマッシュアップに加入する」をタップ。
確認画面?
ここで本来なら規約とかの画面が表示されるはずなのですが、オレの場合、何度やっても画面のような白い画面のままだったので、相手を信じて「同意」しちゃいました。
すると、ZeroOneマッシュアップの会員加入フォームが表示されます。
ZeroOneマッシュアップ会員加入フォーム
ID、E-mailともに「重複のチェック」をしてください。しないと、通りません。

マッシュアップ会員への加入が済んだらIDとPassを入力して「送信」です。
マッシュアップデータの送信
※前述のオレがこのアプリでカメラを使わない理由なんですが、ルートデータだけだとこれでサクっと送信できるのですが、写真データも一緒だと、Gmailアカウントが必要になり、オレの場合その認証がうまくゆかずに写真付きデータのアップロードを諦めました。なのでこのアプリで写真は使わないのです。

データを送信するとそのデータをどうするか聞かれます。
共有方法
E-mail 住所はE-mail address のことでしょうでしょう(笑)。あとはFacebook と Twitter ですね。お好きな方法で共有してください。

その他

オプションのところで体重を入れると消費カロリーの計算に使われるんだと思います。
オプション

最後に

この季節だからか、使っていると iPhone 本体が熱くなります。あと、GPSを使ってるので電池の減りは早いです。あともうひとつ(笑)、オレは 3GS で iOS4 で使っているのですが、メモリが足りなくなると移動距離を記録するのをやめちゃう時があります。メモリは開放してから使ったほうがよさそうです。

【おまけ】ZeroOneマッシュアップ画面

あー。またもやダラダラと長ったらしく書いてしまった。もっと簡潔に5-7-5の17文字くらいに短くかけるようになりたい。

AppBank Store