タグ : Dropbox

Dropbox の容量が無料で激的に増やせます!

Dropbox の容量が無料で増やせます。Dropbox を使ってる人はこれをやらない手はないです。

詳しくはこちらのリンクをご覧ください。
Dropboxの容量を無料で誰でも4.5GBも増加出来るよ!

簡単にやり方を説明すると

1.PC に Dropbox のベーター版をインストール
2.Dropbox の新機能である、写真を Dropbox へ直接インポートする機能を使ってみる
3.使った分だけ Dropbox の容量が増える

これはつまり、Dropbox の新機能のテストに協力することにより、お礼としてテストに協力した分の容量をもらえますってことです。

私の場合、まず、PC から 外部 USB メモリへまとまった量(5GB くらい)の写真をコピーし、その USB メモリを、ベーター版の Dropbpx をインストールしてある PC へ差し込みました。

そうるすと、ウインドウズの場合、ファイルの自動再生の設定で「ピクチャ」のところが「毎回動作を確認する」になってれば、USB メモリを PC に差し込んだ時に「自動再生」のウインドウが開くので、いくつか表示されているオプションから Dropbox のアイコンのついた「Inport pictures and videos」を選びます。

※Windows の自動再生については、自動再生の設定を変更するを見てください。

これで、USB メモリから直接ネット上の Dropbox の領域へアップロードが始まります(Dropbox へのアップロードが時間がかかりますので、気長に待ってて下さい)。

アップロードすると、Dropbox の空き容量も増えていきます。

私の場合、今まで 6GB だったのが 11GB になりました。

ちなみに、このアップロードは、Dropbox の空き容量の分しかできないようですので、これをやる前には Dropbox に保存してあるファイルを一時的に他のところへ保存し、完全に削除しておくなりして、空き容量を増やしておく必要があります。

Dropbox へアップロードされたファイルは「Camera Uploads」という、フォルダに保存されます。複数回に分けて写真をアップドードして、Dropbox の容量を増やしていきたい人は、最初のアップロードのあと、このフォルダを完全に削除して、再度、写真をアップロードすれば大丈夫です。そうすれば、写真をアップロードするたびに、一度にアップロードできるファイルの量が増やせるので、だんだん 一度に増やせる Dropbox の容量が増えていくと思います。

この方法で増やせる Dropbox の容量は 5GB までのようです。

いま、Dropbox を 2GB で使ってる人は、一度目に容量ぎりぎりの 2GB 弱の写真をアップロードして、Dropbpx の容量を 4GB くらいに増やし、「Camera Uploads」という名前のフォルダを削除したあと、再度、3GB の写真をアップロードすれば、容量は合計で 7GB に増やせます。

Dropbox は容量を気にせずに使えるとドンドン便利になります。私は、素晴らしいサービスというのは、その存在を感じさせないことも大切だと思っています。容量が増えれば、「Dropbox の容量が一杯です」ってメールも来なくなり、ふとすると、Dropbox の存在をすっかり忘れて、無意識に Dropbox を使っていたりします。それってとても素晴らしいことだと思いません?

Dropbox をまだ使っていないという人は以下のリンクからどうぞ。
とにかく Dropbox は便利でおススメ

今回の Dropbox 無料容量アップ作戦(いま名付けた)に必要な Dropbox のベータ版は以下の URL からダウンロードできます。
Windows版: http://dl-web.dropbox.com/u/17/Dropbox%201.3.12.exe
MacOSX版: http://dl-web.dropbox.com/u/17/Dropbox%201.3.12.dmg

アップロードする写真を 5GB も用意できねーよという方は、以下のブログでダミーファイルを用意してくれてますので、こちらを利用させていただくと手っ取り早いです。
Dropboxベータテスト参加で追加5GBを獲得するための手っ取り早い方法

重要な追記
Mac を使っている方へ、「Dropboxベータテスト参加で追加5GBを獲得するための手っ取り早い方法」を読むと書いてありますが、Mac の場合、写真ファイルでも、ダミーファイルでも、ファイルを「DCIM」という名前のフォルダに入れないと認識しないようです。
(自宅の Mac で試してみたら気が付きました)m(_ _)m

ベーター版ってことは、完成版ではないので、もしかしたら何かしらの不具合がある可能性もありますが、そのへんは理解して使って下さいね。


iPhone app 版 Dropbox

Dropboxについては「とにかくDropboxは便利でおススメ」で詳しく紹介しています。

Dropboxとは・・・基本的な機能は以下のとおり。

  • オンラインにアクセスすることでどこにいてもDropboxフォルダ内のファイルにアクセスできる。
  • ファイルを修正すると複数のPC間で自動的に同じファイルが同時に修正される。
  • 自動的にバックアップされるので間違えて必要なファイルを削除してしまっても復活できる。
  • 暗号化されたSSLを使ってるので、セキュリティー的にも安心。

今日はこの機能をiPhoneでも使えるiPhone appの紹介です。

iPhone版の機能は以下のとおり。

  • iPhone内の写真や動画をDropboxフォルダ内にアップロードできる。
  • 写真はiPhoneの「写真app」と同様のギャラリー表示が可能。
  • iPhone内の写真や動画をDropboxフォルダ内にアップロードできる。
  • 起動時にパスワードがかけられる。

ファイル(写真か動画)のアップロード方法は
1、iPhone用Dropboxでファイルをアップロードしたいフォルダを開く
2、画面一番下中央のカメラのマークをタップ
3、「Existing Photo or Video」をタップ
4、アルバムからアップロードしたいファイルを選択
です。簡単でしょ?

Dropboxって本当に便利です。

iPhone,iPad 版 Dropbox

PC版Dropboxの無料ユーザー登録・ダウンロードはこちら Dropbox

AppBank Store


Dropboxでフォルダのシェア(共有)

Dropboxについては「とにかくDropboxは便利でおススメ」で詳しく紹介していますので省きます。今日はDropboxの便利な使い方「フォルダのシェア」について書きます。

Dropboxのフォルダの中にあるフォルダを他のDropboxユーザー(相手もDropboxを使っていないとダメです)とシェア(共有)できます。

方法はとても簡単。まず、シェアしたいフォルダを右クリックして「Dropbox」の中の「Share This Folder…」をクリックしするとブラウザが立ち上がりDropboxのサイトへアクセスします。PublicやPhotosなど最初からあるフォルダは「Share This Folder…」が表示されませんので、おそらくシェアできないと思います。

Dropboxのサイトが表示されたら、上の入力欄(Enter recipient email addresses here)にフォルダを共有したい人のemailを入力(複数の人とシェアしたい場合は「,」で区切ってシェアしたい人のemailアドレスを入力します)、下の入力欄(Enter a messeage)にはお誘いのメッセージ(別にお誘いのメッセージは入力しなくてもいいです)を入力し、最後に「Share folder」をクリック。以上で完了です。

これで相手側にDropboxからメールが届き、相手が了承したら相手のDropbox内にこちらがシェア設定したフォルダが作成されます。このフォルダはこれまでと同じように常に同期されますので、フォルダの中に相手が作ったファイルを入れてもらい、こちらでそれを開いて修正し上書き保存すれば、相手のフォルダに入っているファイルも新しいもの上書きされます。上書きされたくなかったら右クリックで「プロパティ」を選択し、ファイルの属性をを読み取り専用にしちゃいましょう。

これは複数の人が一つの作業をしているときに便利です。オレの場合は、「直してほしい写真があるんだけど」って言われたときに「じゃあシェアしてるDropboxにそのファイルを入れておいてね」って感じに使ってます。で、時間のあるときにファイルを修正して、別名保存でファイル名を「修正後」とかにしてあげれば、相手にもすぐわかるのでそれで終了です。

ちなみに、Dropbox内のフォルダが他のパソコンや他のユーザーから修正された時には、画面上にそのことが通知されるので、相手がパソコンの前に入ればリアルタイムでファイルが更新されたことが伝わります。

Dropboxの無料ユーザー登録・ダウンロードはこちら Dropbox


とにかくDropboxは便利でおススメ

DropboxはMacでもWinでもLinuxでも、職場や自宅でも、複数のパソコンを使ってる人にはとてもおススメの無料のサービスです。

1ヶ月ほど使っていますが、とにかく文句なしにおススメできます。これを読んでるあなたがDropboxを使って何か問題が起きたとしても、オレはまったく責任は取りませんが、とにかくあなたにもおススメします。

このDropboxで何ができるのかという説明として、実際にオレがどう使っているのかを書きます。

まず、Dropboxのサイトでアカウントを作成してください。アカウントを作ったら自分が職場で使っているパソコン(オレの場合Windowsです)にDropboxをインストールしてアカウント情報を入力します。すると「My Dropbox」というフォルダができるので、そのフォルダの中に自分が使うファイルを入れておけばオッケー。

次にすることは、自宅のパソコン(オレの場合Macです)にも同じようにDropboxをインストール。これまた同じようにアカウントを入力すると「My Dropbox」というフォルダができます。

できたフォルダの中には職場で保存したファイルがちゃんと入ってます。

つまり、これですべて完了です。この二つのDropboxの中身は常にネットを経由して同期されます。職場のパソコンで作ったファイルをDropboxフォルダに保存して、自宅に帰った後、自宅のパソコンでDropboxフォルダを開いてみると、あら不思議、さっき職場で保存したファイルがまったく同じ状態で自宅でも開けるわけです。

オレが職場から自宅までどんなに急いでチャリをぶっ飛ばしても・・・いや、このくだりいらないや

とにかくネットに繋がっている限り、常にリアルタイムでフォルダは同期されます。ネット上で同期してるのでパソコンを終了しちゃっても大丈夫です。

オレはDropboxを使い始めてからUSBメモリを使わなくなりました。だって、USBメモリに保存するまでもなく、Dropbox内のファイルを開いて、修正して、保存して、ファイルを閉じたら(閉じなくてもか)、その場ですぐに同期です。同期していることすらほとんど意識しません。

ちなみに同期できるフォルダの容量は2Gまで。グラフィック関係や動画関係のファイルだともしかしたら容量オーバーなんてことになるかもしれませんが、オレの場合web系の仕事してるんで、管理しているサイトをまるごといくつか入れちゃっても全然平気です。

えっと、あまりにも便利なことが多くてもっとたくさん書きたいのだけれど、今日はここまで。だって、これだけでも、もうとっても使いたくなったでしょ。今後、オレが使ってて便利だなぁと思う使い方を紹介しますね。フォルダーのシェアとか、ポータブルアプリとの連携とか、iPhoneまで使えちゃったり。まあ、今日のところはDropboxって便利なアプリがあるよって紹介までで。

無料ユーザー登録・ダウンロードはこちら Dropbox