タグ : SNS

本日より招待がなくても Google+ に参加できるようになりました

本日、Google の技術部門担当上級副社長 Vic Gundotra さんより「92、93、94、95、96、97、98、99… 100。」という発表がありました。

試験運用の開始からまもなく 90 日を迎える Google+ プロジェクトは、この試験運用の期間中、ユーザーの皆様からのフィードバックをいただき、91の改善(多くはこちら(英語)でご確認いただけます)を加えてきました。Google+ はウェブ上で実生活でのコミュニケーションの細やかさや豊かさを再現し、実生活での人とのつながりと同じように、他のユーザーとつながることを目指しています。その実現に向けて、本日、さらに9つの機能を追加します。

引用元はコチラhttp://gplusproject.appspot.com/static/ja-92011.html)。92、93、94、95、96、97、98、99... 100。

そんで、まあ、92個目の改善は何、93個目の改善は何、94個目の改善は何って続いていくんだけど、最後の100個目の改善というのが、これ。

100. 本日より、招待がなくてもgoogle.com/+ からどなたでも自由に参加していただけるようになりました。一部のユーザーの方による90日間にわたる試験運用の期間中、ユーザーの皆様から非常に多くのフィードバックをいただきました。まだ完成にはほど遠いですが、試験運用の期間を経て、広く皆さまにご利用いただける段階になったと考えています。 今後はどなたでもプロジェクトに参加し、他のユーザーとのコミュニケーションを開始していただけます。

つまり、招待状がなくても、参加できるようになりましたってこと。

さっき、Google+ に参加していない Google アカウントで Gmail にアクセスしてみると、左上に「+あなた」の表示が出てました。クリックすると、新規登録画面です。

Google+http://plus.google.com/

というわけで、これで誰もが招待がなくても Google+ を始められるようになりました。興味がある方はドンドン始めてみるといいいと思います。合わないならやめればいいだけなんで。Google+ のソーシャルを体験してみてください。


mixi ページとは

国内最大の SNS mixi から本日付けで mixi ページが発表されました。

mixi ページ
mixi ページ

公式サイトによると以下の通りです。

mixiページとは、好きなことを発信できる「自分の場」=ページ を 誰もが自由に持つことのできるサービスです。デザインも機能も自由にカスタマイズ。その公開範囲はmixi内に留まらず、広く発信可能。ページを通してあらゆる人へと届けることができるのです。店舗やブランド、アーティスト作品や趣味活動を うわさにして盛り上げる、工夫次第で広がり方は無限大の全く新しいコミュニケーションサービスです。

最初に mixi のことを「国内最大の SNS」と書きましたが、世界最大の SNS は Facebook です。ページの機能はすでに Facebook にあります。mixi の方が後発になるわけです。それは、「全く新しい」とは言いがたく、むしろ「いまさら」なワケです。


Google+ 招待いたします

Google+Google+ 招待いたします。
とりあえず、今なら招待できます。
いつまた招待ができなくなるかわかないですけど、出来る限り招待しますので、ご希望の方はブログの左上右上の「メールはこちら」からメールください。

【2011/9/21 追記】
本日より、招待がなくても参加できるようになりましたので、私からの招待はこれで終了とします。まだ、参加できないよというかたもいるかもしれませんが、順次参加できるようになると思います。


Google+(Google Plus)というSNS

昨日書いた「Google+1(Google Plus One)とソーシャル コネクション」で、Google+1というサービスは「ソーシャル コネクション」というなんだかよくかからない、コネクションで「いいね」を共有するって書いたんだけど、それは昨日までの話ね。

なんと、今日また新しく「Google+」というのが発表されました。

Google Plus
これつまり、FacebookとかmixiのGoogle版です。もちろん、昨日書いた「ソーシャル コネクション」を基本にして、その上に、Facebookとかmixiとかみたいな「お友達機能的なもの」もあり、そして、Facebookの欠点であるといわれる、全てのお友達に同じ情報を共有してしまう機能を、よりデリケートに取り扱えるようになっているそうです。

リアルの付き合いはFacebookで、ネットの付き合いはmixiでとか使い分けている人いるでしょ?そのへんをうまい具合にミックスして使えるみたい。

「ネット友達」「リアル友達」「仕事友達」「仕事付き合い」みたいなお友達グループ(サークル)を作って、それぞれのサークル向けに自分のキャラを完璧に使い分けることが出来れば、Facebookやmixiのユーザーをドカンと取り込めるじゃないでしょうか。

ま、現状では日本場合、Facebookにはドカンと取り込めるほどのユーザーがいないけど、mixiユーザーはお友達設定にうるさいから、お友達機能をデリケートに扱えるという部分に関しては、FacebookよりGoogle+のほうが有利だろうね。

あとはアプリの充実だけど、これはユーザーが多くなればデベロッパーも付いてくるからそんなに問題じゃないと思う。


Google+1(Google Plus One)とソーシャル コネクション

Google+1

3月末からアメリカで始まったGoogleの新しいサービスGoogle+1(Google Plus One)が本日(米6月27日)より、世界中のグーグルで利用可能となる。

“Google版いいね!”の「+1」が日本版対応に 東急ハンズなどが採用 [ITmedia]

「+1」っていうのがなんなのかっていうと、Facebookでいう「いいね!」、mixiでいう「mixi チェック」と使い方は同じで、気に入ったページで「+1」ボタンを押すだけ。

ただし、その先がちょっと違う。Facebookやmixiだと、「いいね!」のクリックはお友達同士での共有となる。Googleの+1の場合は、友達同士での共有だけでなく、同じものに興味を持つ他人とも共有することができる。つまり、Googleでググった時に表示されるページ一覧のところに『このページは◯人のユーザーが「+1」ボタンを押しています』といった感じっで表示されるらしい。

ところで、GoogleにおけるFacebookのお友達とかmixiのマイミクとかってなんなの?って思う人もいるかもしれない。Googleにそんな機能あった?みたいな。

そこがGoogle様のすごいところ。この人とこの人は友達であろうと勝手に判断しちゃうらしい。Gmailの履歴とかでね。それがソーシャル コネクション

お友達(ソーシャル コネクション)の条件は

  • 自分の Gmail(または Google トーク)のチャット リストに入っている相手。
  • 自分の Google の連絡先の Myコンタクト グループに入っている相手。
  • 自分の Google アカウントまたは Google プロフィールに関連付けているソーシャル サイト(Twitter や FriendFeed など)を通じて公開の状態でつながっている相手。
  • 自分が Google リーダーや Google バズでフォローしている相手。
  • 自分が直接つながっている公開ソーシャル コネクションと公開の状態でつながっている相手。つまり、自分が Twitter でフォローしている友だちが 5 人をフォローしている場合、その 5 人も自分のソーシャル コネクションに含まれます。

うーん、ややこしい。これじゃ、誰が含まれるのかわからない。

というわけで、自分のお友達が気になる人はソーシャル サークル ページでチェックしてみよう。自分のお友達(ソーシャル コネクション)を確認できます。あ、自分はこんな人と友達だったんだと気づかせてくれます。

自分が「+1」したページを知られたくない人は今のうちに削除しちゃいましょう。方法は上記の条件から外せばいい。「Myコンタクト」から外す、「Google リーダー」「 Google バズ」のフォローを外すとかですね。

あんまり友達と思っていなかった人がチェックしたページを表示されてどんな気がするんだろう。見るのかなぁ。逆に、ああ、この人はこんなページに興味を持っているんだって知ることによってホントに友達になっちゃったりね。

いやぁ、雲の中のソーシャルネットワークシステムですな。

今のところ、「+1」ボタンがたくさん押されたからといって検索結果の表示が上位になるという話は聞かないが、おそらくそうなるでしょう。そうならなかったら何のためのものなのかわからない。もちろん、単純にユーザーが検索結果から「+1」の評価が多くついているサイトを選択するという流れもあるだろうけど、他でもないGoogleさんのやることだし、それだけじゃないでしょ。

ということは、サイト運営者がトラフィック・エンジンを考える上で、Facebookやmixiのソーシャル的なアクセスだけじゃなく、同時にSEO対策もできるということで、要チェックですな「+1」。そしてこの記事に「+1」ですな。